水道水から35〜40%の水分子を分離回収して浄化水とし、残りの不純物を含んだ濃縮水が浸透膜を洗浄しながら排水されます。フィルターに不純物を溜め込まないので浸透膜は3〜5年と長寿命です。(使用量、水質によりフィルター寿命は変動します)。


これに対して濃度の濃い側の液体に圧力をかけて、水分子を浸透膜からしみ出させ、通常の浸透膜の動きと逆向きの動きをさせます。これが逆浸透です。


メンブレンフィルターは0.0001ミクロンと水分子ひとつとあまり大きさの変わらない孔が開いていると言われています。実際には分子原子レベルの大きさのものは電子顕微鏡で見ても、熱を持っている以上、振動していますので大きさを測ることはできません。
このサイズになると細菌や大きな分子構造の不純物は通れません。しかしこれだけでは水分子とあまり変わらない大きさであるイオン状態の重金属や塩素等を除去できる説明にはなりません。
浸透膜の穴の大きさが水分子2つが並ぶ大きさより小さくなると浸透膜表面は溶媒である水分子の膜で覆われ、その水分子の膜の中には溶質であるイオンは入り込めない状態になり、浸透膜の穴を行き来するのは水分子だけとなります。それにより水分子とあまり大きさの変わらないイオンサイズの不純物も分離除去できるのです。
以上の説明は逆浸透膜に起こる現象から推測した諸説の中の代表的なものです。他にも水分子が水素原子部分はプラスに、酸素原子部分はマイナスに分極しているため、マイナスイオンと水素原子部分のプラスが、あるいはプラスイオンと酸素原子部分のマイナスが引き合い、イオンに水分子が取り付くことにより構成半径が大きくなるため、逆浸透膜の孔を通過できなくなるとする説もあります。この説は水中に溶解してイオンの形態を取りにくいホウ素の除去率が下がってしまうことに説明がつきます。
他には逆浸透膜の孔の側面に水分子が引き寄せられ中央部の水分子の存在比率が下がることによりイオンが溶けていることが出来なくなり分離されるとする拡散説等が主なところです。拡散説だとすると孔の大きさは一般に言われる0.0001や0.0003ミクロンの表現は一般のかたにわかりやすく説明するための推測値だと思います。


 

 

 
COPYRIGHT (C)  HAN CSN CO., LTD.   ALLRIGHT RESERVED