何故、タイでナイス浄水器なのか?

確実な除去性能で選ぶなら逆浸透膜式

タイの水道水は日本とは異なり安全で飲める水ではありません。 というのは、水の消毒に使用されている塩素(カルキ)は熱及び紫外線に非常に弱く蒸発され、完璧な消毒がなされておりません。又、どんどん進んでいる都市化による上下水処理施設の不足による汚染物質の残留、水道管の老化によるサビ及び異物質の流入等数々の問題を持っております。逆浸透膜浄水器は、砒素、硝酸性窒素、マンガン等が含まれた汚染地下水に対 しても確実な除去能力に依って飲用可能なピュアウォーターを造ります。

 

有害物質を長期間継続して95%以上除去

逆浸透膜浄水器なら有害物質を確実に95%以上除去出来ます。 有害物質は分離され廃棄水と共に浄水器の外へ排出されますので逆浸透膜は 長期間継続して高い除去性能を維持します。 これが初期数値のみ除去率の高い活性炭やイオン交換樹脂等の浄水器との 違いです。汚れをフィルターへ溜めてゆく浄水器方式では長期間安全な水は造れません。

米国の海水淡水化事業の為に研究開発され、世界中で使用されています!

逆浸透膜(RO)システムは米国で海水から飲料水を確保する為に考案されたものです。水分子だけを通過させ、不純物は器外へ排出します。オカルトやニセ科学ではなく確実な除去性能が検証され、世界中で利用されています。

 

除去率はTDSメーターで簡単に確認できます!

逆浸透膜浄水器の浄水は純水です。不純物の存在しない純水は電気を通しにくい=電気抵抗が高い水です。TDSメーターで電気抵抗を計る事に依って除去性能 を数値で確認出来ます。原水の不純物濃度が200ppmであれば浄水は10ppm位と 約95%の除去率を示します。砒素、水銀等の有害ミネラルを除去出来ない、中空糸膜/活性炭/セラミックなどは電気抵抗に関わる不純物濃度を 全く下げる事が出来ません 。

 

世界が使っている逆浸透膜浄水器

逆浸透膜システムはアメリカ家庭用浄水器の70%で採用されています。

逆浸透膜(RO)システムはアメリカで海水から飲料水を確保する為に考案されたもので、その原理は私たちを含めた生物が半透膜によって水分や栄養を体内に吸収する仕組みを応用して造られています。最近ではスーパー店頭に設置された大型逆浸透膜浄水機によるピュアウォーターの無料配布(有料の所もあるそうですね)が買い物客の人気を集め、逆浸透膜浄水機で造ったピュアウォーターの大きなボトルの宅配も事業所や幼稚園から一般家庭まで広まってきました。

 

スペースシャトルでも使用されました。

逆浸透膜システムは原子力潜水艦の中での飲料水確保(外洋航路のほとんどの船舶で 利用されています)やスペースシャトルでも シャトル内の排水の再利用に実験的に 使用されました。
 

アメリカ家庭用浄水器の70%で採用

そして、今ではアメリカの家庭用浄水器の70%が逆浸透膜システムです。また米国国内で販売されているボトルウォーターのほとんどが逆浸透膜システムを使用して造られています。逆浸透膜システムで造られたピュアウォーターボトルを満載したトラックが住宅地を走り、コンビニエンスストアではピュアウォーターのボトルが当たり前に販売されています。逆浸透膜システムは日本での認知度は低いですが、飲料水に安全を求める海外に於いては浄水器のスタンダードシステムと言えます。

日本でも水質環境問題に採用

日本でも沖縄など降雨量の少ない島々で逆浸透膜システムの大規模プラントが活躍しています。また食品工場などでは原水の質による味ブレを避ける為、逆浸透膜システムが当たり前に使用されています。紅茶などの清涼飲料水に「純水使用」とあるのは逆浸透膜のピュアウォーターの事です。 また、千葉県の一部地方では井戸水しか無く、その水質の悪い地域については、浄水器の設置に対して助成金を出していますが、行政が認めているシステムはRO(逆浸透膜)式だけです。

その性能は高く評価されながらも、逆にその高性能に目を付けられ、いわゆるマルチまがい的な商品に利用されて高額(25〜50万円位)で販売されてきました。弊社ではこのような良い商品が適正な価格を持って日本国内で当たり前に流通させる事を目指し、米国、日本の関係各方面と打合せを重ねてまいりました。

 

浄水器性能比較

浄水器性能比較表

浄水器の性能を比較検証し、どの物質がどのくらい除去できるかを表に致しました。皆さんがお使いになっている浄水器は何がどの位、除去出来るのかご存じですか?

 

様々な有害物質に対応できるのは逆浸透膜式だけ

浄水器にはその方式により様々なタイプがありますが、特定の物質はとれても、様々な有害物質に対応出来る浄水方式は逆浸透膜式だけです。

有害物質の除去性能に注目
特に砒素やマンガン等、イオンサイズの有害物質になると除去性能の差ははっきりしてきます。イオン交換式もイオンサイズの有害物質を除去可能ですが、樹脂に吸着させる方式の為、持続性に欠け、フィルター交換が頻繁となるでしょう。

複合式の浄水システムには限界が…
活性炭とマイクロフィルター(中空糸膜)を組み合わせたものが一般的には多く、中には鉛イオンまで対応する浄水器もありますが、それでも除去出来る物質は限られています。

分かり易く表現すると水中に浮遊している様な大きな物質は除去出来きても、完全に水に溶けてイオンの状態で存在する溶解性の不純物については逆浸透膜式でなければ継続して除去出来ないという事です。

 

除去性能データの確認が大切

除去性能に関するデータが表示されているのかどうかが大切です。例え安価な浄水器であっても効果が何を何%除去出来るのかわからない気休め程度のものならば、それは無駄なお金です。弊社のROシステムは国内での除去性能試験を行っております。

 

逆浸透膜フィルターが除去できる物質

右の表は分かり易く表現するために、除去可能な物質から逆浸透膜の穴の大きさを仮定し、様々な有害物質の大きさを比較したものです。その穴の大きさは水分子1個より少し大きく、水分子2個は並べない大きさです。 しかし逆浸透膜の本当の実力は
水分子と同じ位、あるいは水分子より小さな不純物をも分離除去出来てしまうところにあります。

 

 
 
COPYRIGHT (C)  HAN CSN CO., LTD.   ALLRIGHT RESERVED